問題行動の原因って?

今日も暑い一日でしたねぇ。。。

夕方のTV番組で
激吠えする3頭のワンコをしつけで改善する
という内容を放送しておりました。

飼い主様は「犬に問題があるからこうなった」と思っていたようですが
そもそもの原因は飼い主である人間が問題行動の原因なのです。

ま、番組に登場したトレーナーさんもおっしゃってましたけど。。。


私のカウンセリングでも、まず問題の原因を探ります。

おうちにお邪魔して、玄関が開いて、どんなに犬が吠えてもまずスルー。
室内へ移動しつつ犬と、犬以上に人間を観察します(笑)
犬が飛びついてきてもスルー。人がどう対処するのか観察を続けます。


出張トレーニングのいいところは、犬にとっても人にとっても
自宅という安心感があるので、ふだんの様子が把握しやすい。
教室に通うとなると、「出先でいい子ちゃんぶっちゃう」ので。。。笑


で、カウンセリング中も基本、犬をガン見することなく(チラ見します)
飼い主様とお話をさせていただきます。

お話の内容は「犬を知る」「犬という動物がどういうものか」など。。。
これを理解してもらわないと、私のトレーニングには進みません。

このカウンセリング中に「あ、私の対応間違ってた」「犬の事、分かってなかった」
と気付いた人は、その後改善していくスピードが速いです。

そして、私が犬をしつけるのではなく、飼い主様にやっていただきます。
私、横からヤイヤイ言います(笑)犬の通訳だと思ってください。
「意識が人に向いてないですよ」とか「もっとビシッと毅然とした態度で」とか。

たいていの人は、「きつく言うと犬がかわいそう」「ビシッとってムズカシイ」と
腰が引ける・気が引けるような思いで対応されてます。

でも犬が求めてるのは、堂々としてて首尾一貫した態度で接してくれる人(ブレない人)。
「この人が言うんだから」と安心・信頼の気持ちで落ち着いて生活したいんです、犬は。

チップとフラン 016


カウンセリングを終えると涙しそうになる人もいます。
問題の原因が自分だと分かるとね。。。
つまり自分自身を振り返って、自分の問題に気付いて、
で、情けなくなったり、自分を責めちゃったり。。。

自分を責める必要はありません。
むしろ「今、なにが原因か気付いてよかった~~♪」と笑ってほしいです。
原因が分かったら、これから先は明るい未来になりますから。

愛犬にとって一番信頼できるトレーナーは私ではありません。

飼い主様、あなたですよ~!!

つまり、犬を理解できれば誰でもトレーナーになれるってことです。
あなたはどうですか?愛犬に信頼されてますか?

チップ 027
↑我が家のチップ。推定12~13歳で元保護犬。
老犬でも、一度人間から見放されても、こちら(人間)が理解を示せば
信頼してちゃんとついてきてくれます☆



☆ランキングに参加中です。ポチっとお願いいたします☆
にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村  
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 姫路情報へ
にほんブログ村

COMMENT 0