心の支え

みなさん、本当にありがとうございます。

コメントを頂き、少しずつ心が上向きになってきました。




なんでこんなに落ち込み気味かというと・・・


まずは家業。ここのところの経済情勢で影響大。

ただでさえ、仕事場が家の玄関を出てすぐ。
朝から晩まで、家族(夫とその両親)は目の届く所にいるんです。


自営業って、平日も土日もお盆も正月もずっと姿を見かける。
1メートルと離れてない場所に夫の両親が住んでいる。

その上、今は仕事が暇になって木・金・土・日が休み。
普段 仕事場にいるはずの時間に夫が家にいるのがストレス。



こんだけヒマなので、土日メインでバイトを探しています。
フランと遊びに行くため、銀粘土の特別講習に行くため。

そして、自分だけの時間を作るため。


ところが夫は、私に生活費を稼いでもらおうと思ってる。

夫は去年から、父親と一緒に仕事するのが嫌になったと言い、(わがままだ)
飲食店でも始めたいと言い出し・・・(絶対うまくいかないって)

でも、本気じゃなさそうなんですよね。
本気で新しいこと始めるんなら、仕事の終わった後、
どこかの店で修業させてもらえばいいのに。
「いい店が群馬にはないんだよ」と家で本を読んでるだけ。(頭でっかちになるだけ)


そもそも、どんな店をやりたいのか分からない。
こないだまでは「焼き肉屋」だったのに、最近は「焼き鳥もいいな」とか言ってる。
とりあえず、通信教育でお肉の勉強はしているらしい。(気休めだろ?)



以前、言われた言葉で今でも許せない一言があります。


「俺が専業主夫やってさ、お前が働くっていいと思わない?」


ふざけんな!!主婦の仕事なめてるやろ!!

家族を守る気持ちとか、こいつには全く無いんやな・・・
そう思い役場に離婚届をもらいに行きました。
今は手元に保留状態です。

男なら家族を守って当然です。自分の力で家族に苦労させないようにと。。。
(私の考えって古臭いのかなぁ)

昼夜問わず働いて、それでダメそうなら
「悪いけどお前もどっかで働いてくれないか。」って言いませんか?

最初から自分はラクして、私は犠牲ですか?

これって、夫ではなくヒモですよね?
私はヒモの面倒をみるつもりはないです。


夫の両親もおめでたい人達で、ただ単に一緒に働きたくないという
息子に「じゃぁ頑張ってね」と言う始末・・・

アホか、この親?なんでやねん!

「両親は昔から仲が悪いから、群馬には帰らない」
でも、帰ると決めたのは夫でした。

「親父の仕事なんて、継ぐどころか手伝う気もない」
実際、夫は2代目社長です。継いでるし・・・
群馬で就職活動するのが面倒で、てっとり早く親の会社に入った。

「けんかばかりするから、近くにいたくない」
家を建てたのは、その両親の家の真横です。
夫がそれでいいと決めた。

いつも「ほんとにそれでいいのか?」と確認してきました。
それでいいと言ったのは夫です。

ここまで我慢してきました。付き合いました。
私は一人っ子で、妻を亡くし独り身の父を実家に残している親不孝者です。

結婚10周年は離婚記念日にしたいくらいです。
金目のものはいらないから、フランと二人きりの生活がしたいです。
実家に帰って。。。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

今の私を支えるフラン以外の人物。

 ☆ 清原 和博さん ☆

Book 005

小学生の時から、この人のような人間になりたいと思い、
ずっと応援し、生きてきました。

そしてこの人にとって、かけがえのない存在の桑田真澄氏
私の支えです。

「男道」を読んで、大号泣しました。
清原が引退した時は、3日3晩食事できませんでした。

この人の頑張りを目にして、今の私はただのわがままなのかなと。。。

もっと頑張らなきゃいけない気がしています。

清原のような生き方をしたい。。。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


今回は勝手なわがまま日記ですので、
コメント欄は閉じます。


気分が晴れたら、いつもの☆ふらりんにっき☆に戻します。

みなさんのブログ訪問も気分が良くなってから・・・